【2022年冬アニメおすすめ!】『その着せ替え人形は恋をする』アニメ第6話 感想/あらすじ

その着せ替え人形は恋をする アニメ感想
スポンサーリンク

【2022年冬アニメおすすめ!】『その着せ替え人形は恋をする』アニメ第6話 感想/あらすじ

 

「着せ恋」公式HPで今バレンタインイベント的な企画がやってるんですよ。主人公の2人とこれから登場する姉妹の計4人に義理チョコをもらえちゃう的なもので、低確率で本命チョコを引くと何かいことがあるらしいんですよね。あと特別ボイスとかも聞けちゃうんです。
それで、HPを見ると4人のイラストの下にそれぞれ「チョコをもらう」ってボタンが並んでいて、誰に貰うかを選べるんですけど、私てっきり五条くんからもチョコがもらえると思っていて(料理得意だし)、チョコを渡す五条くんの照れボイスが聞けるんですか!?と興奮していたのですが、彼のボタンだけ「チョコをあげる」になってました。
普段争いごとは好まないんですけど、流石にこれは期待権を侵害したとして告訴しました。

では第6話感想です↓

タイトル「マ!?」

初のコスプレイベントを無事に終えた二人。新菜の言葉をきっかけに、海夢の心境にはある変化が。衣装を洗濯するため、五条家で新菜と薫と三人で過ごすも、ドキドキで落ち着かない。一方、海夢がSNSにアップした雫の写真をきっかけに、とある人物が五条人形店を訪れる。

公式サイトより

スポンサーリンク

ストーリー

前回の最後に、海夢ちゃんが五条くんの不意の一言に赤面しちゃってましたが、その後彼への気持ちにどんな変化があったのか視聴者の皆さんはワクワクしているはず。

↓↓第5話はこちらから↓↓

それを受けての第6話。イベントの数日後に、五条くん宅にて2人でコスプレ衣装を洗濯するところからスタートなんですが、海夢ちゃん、完全に意識しちゃってます。
集中している五条くんの横顔が海夢ちゃん視点だとキラキラエフェクトがかかっている始末。圧倒的ラ破感。

その着せ替え人形は恋をする

©福田晋一/SQUARE ENIX・「着せ恋」製作委員会 公式Twitterより

そうこうしているうちに元気になったおじいちゃんが帰ってくるのですが、出迎えた五条くんがコスプレ衣装を片手に女子を連れ込んでいたためビックリ。事情を説明して納得してもらいます。確かに絵面だけ見たらやましさしかないなw
五条くんは「別にやましいことしてないよ」と弁明しますが、おじいちゃんも「あれ見りゃそんな事分かるよ」「しかしよく作ったな~」とコスプレ衣装の出来栄えに感心している様子。それに対して五条くんもあーだこーだと衣装の専門的な話をしだすのですが、それを見た海夢ちゃんの心の声↓

「えっヤバっ、ヤッッッッバ~~~!!!ああああたしガチでごじょー君の事好きになってるんですけど~~~!!!はっ!?え!?うそうそ、え?好き?てかかなり好き!?しゅき?笑 とりあえずおじーちゃんといるとめっっちゃしゃべる!!え、無理待って待って待って待ってめっちゃカワイイじゃん何~~~~~!?ごじょー君しゅき~~~~~♡♡♡しゅきしゅきしゅきしゅき♡♡♡♡しんど~~~てかどーしよどーしていいか分かんないんだけど~~~~だってあたし...」

その着せ替え人形は恋をする

©福田晋一/SQUARE ENIX・「着せ恋」製作委員会 公式Twitterより

ついに海夢ちゃんのオタク風ハイパーデレデレモードが発動しました!!(←勝手に名付けた)
この作品の一番の見どころと言っても過言ではない。原作勢の中にはこのシーンを見て継続購入を決めた人も多いのではないでしょうか。筆者もその内の一人です。
自分の気持ちに正直なギャルの特性と、好きになったらどんどん沼にハマってしまうオタクの特性という、2つの特性を合わせ持つ彼女だからこその言い回し。ヒロインのセリフとしては斬新というか、今までにこんなデレ方をする正ヒロインがいたか!?って話。「冴えない男子を好きになるカースト上位ヒロイン」というオタク諸君が大好きな基本をおさえつつ、その上を行く独自性。作者様は天才か?
ここまでクオリティと面白さを維持してきたアニメ着せ恋ですが、ぶっちゃけ一番の名物であるこのシーンをまだ隠していたという、「さらにもう一段回面白くなるぞ」っていう余力を残していた最強っぷり。もう覇権でよくね?

しゃべりすぎましたね。内容に戻るとしましょう。
そんな感じで一人興奮していた海夢ちゃんですが、お腹が鳴ってフィーバータイム終了。五条くんの手料理を堪能する中で、五条くんと同じく両親と別居していると話す海夢ちゃん。(正確にはお母さんは死別)
食生活が心配なのでこれからも夕飯を食べに来るようおじいちゃんに言われます。

その着せ替え人形は恋をする

©福田晋一/SQUARE ENIX・「着せ恋」製作委員会 公式Twitterより

そして帰りの電車。天下の海夢ちゃんが普通の会話でも緊張してしまっていたよう。五条くんの「やましいことしてないよ」発言を思い出して、
「...しちゃったりしてー...」「とか...言ってみたりー...」
とか言っちゃいます。

あのー是非やましいことしてください。あれですかね、普段からエロゲーをやってるせいか、やましいことに対する免疫ができちゃってるというか、その辺りの感覚がバグっちゃってるんでしょうね。そういうことに発展するまでにそう時間はかからなさそうだ。(←何を言ってるんだコイツは)


スポンサーリンク

後半パート。もといジュジュ様パート

五条くんが帰宅すると、去り際に「友達来てるぞ」と告げて外出していったおじいちゃん。しかし海夢ちゃんはバイトのある日で、他に友達がいない五条くんは不審者ではないかと怪しみ急いでお風呂場へ。
果たしてそこにいたのは、丁度お風呂から出てきて生まれたての姿をした小柄な女の子ではありませんか!しかもその子は何か言おうとした拍子にしりもちをついてしまいM字開脚。その瞬間五条くんの頭によぎったのは、「雛人形は先に頭を書いてから髪をつけるから、だからまだつるつるなんだ~」という幼少期の頃の記憶でしたw

その着せ替え人形は恋をする

©福田晋一/SQUARE ENIX・「着せ恋」製作委員会 公式Twitterより

すんごい気まずい空気の中、五条くんが恐る恐る用件を聞くと、どうやらこの子は五条くんの衣装を見学しに来たらしい。五条くんはそれを聞いて雛人形の見学希望だと思い込み嬉々として商品を案内しますが、「私が言ってるのはコスプレ衣装の方よ!!」と、コスプレ衣装のオーダーをしに来たんだと言います。
コスプレ衣装づくりは商売でやっているわけではないと断る姿勢を見せる五条くんですが、「(さっき私の裸体を見たことを)通報されたくなかったら、私、ジュジュに衣装を作りなさい!!」と強迫されてしまい仕方なく受けることに。
というかこのジュジュって名前どこかで...? 五条くんは気づいたみたいですね。そう、以前海夢ちゃんから布教された大人気コスプレイヤーですね。

そして、タイミングよくバイトが終わって海夢ちゃんが遅れて
「くっそ可愛い~~~っ♡♡♡」「めっっちゃ好きなんです!!超ファンです!!」「肌ハンパない!!めっちゃキレイ!!髪ほっそ!!」
とジュジュ様に対してぐいぐいと距離を詰めていきます。ついでにジュジュ様の個人情報もうっかり漏れますw
→本名:乾紗寿叶(さじゅな)、高校2年生(二人の1つ上)、幼児体系、長髪、ツンデレ、押しに弱い、好き
しかもジュジュ様が海夢ちゃんの写真を見て五条くんを訪ねたと聞くと、
「神レイヤーが、あたしの写真を...!?」「くっそうれしーんですけど!!鬼ヤバ!!照れるーっ!!」
と大はしゃぎ。
あまりの距離の近さに慣れてなくてビクビクするジュジュ様。「あなたじゃなくて五条新菜の作った衣装に興味があるの!」と必死のツンデレを披露して対抗しますが、「目デカっ!めっちゃカワイ~っ♡♡♡」とまるで聞いていない海夢ちゃん。彼女のペースに完全に振り回されてますw
幼児体系ツンデレっ娘がムキーっ!てなってるの良いよね。しかも年上というバフまでかかっている。なにより陽キャ距離感近めギャルに押され気味な構図が秀逸。作者様は絶対に料理上手いわ、何と何混ぜたら合うのか完ぺきに分かってるこれは。

その着せ替え人形は恋をする

©福田晋一/SQUARE ENIX・「着せ恋」製作委員会 公式Twitterより

今回なんのキャラのコスプレを依頼するのかというと、女児向けアニメ『フラワープリンセス烈!!』の「シオンたん」だという。
これを聞いた海夢ちゃんは大喜び。彼女もこの作品の大ファンらしく、五条くんに作品の内容を熱く語りだします。
で、それを見たジュジュ様は「『衣装が可愛いから』だけで原作やキャラクターの事知らないのに平気でコスしてるタイプかと思ってたのに...」と少しづづ海夢ちゃんのことを認め始めることになります。確かに海夢ちゃんは陽キャ100%みたいな外見ですから、疑う気持ちも分かります...

海夢ちゃんの語りに続いて今度はジュジュ様。シオンというキャラクターは、生い立ちに報われないがどんなに辛くても絶対に負けずに生意気に笑う人物。そんなシオンが魔法少女の中で一番好きだからコスプレも妥協したくないのだと言います。
流石トップコスプレイヤーですね。やはり人一倍作品とその中のキャラクターに愛情がある様子。コスプレの完成度とキャラクターへの愛はイコールと言ってもいいかも知れません。
一方の海夢ちゃんも、学校のカバンにマスコットをつけるくらいのシオン好き。しかし、「そんなにシオンが好きなら自分も(コス)すればいいじゃない」とジュジュ様に言われると、「いやーあたしはやんないっすねー」とあっさり。そして、
「あたしの場合好きだからイメージ壊したくない的な?出来るだけ近づけたいし、そんな感じなんですよねー」と、自分とシオンの体型が全然違うからやらないと返します。
それを聞いたジュジュ様。
「なんなのよそれ、私が一番好きなタイプのレイヤーじゃない!!」
と完全に海夢ちゃんのことをレイヤーとして認めたよう。そして今まで勝手に決めつけていたことを申し訳なく感じて泣き出してしまいます。
作品やキャラクターにしっかりとした想いを持ってコスプレをする姿勢は、海夢ちゃんもジュジュ様も同じってことですね。

泣き止んだジュジュ様に声をかける海夢ちゃん。もじもじしながら、
「あたしがネオンおねーたま(シオンの姉)のコスするんで~」「あたしと”烈!!”合わせしま」
「嫌っ!!」
「食い気味に拒否られたんだけど!!!!笑笑」
と最後はテンポよくEDへ。

スポンサーリンク

感想

やはり前半の海夢ちゃんのデレデレ具合は最高でしたね。筆者も含めた原作勢は先週から1週間これを見るために頑張ってきたでしょうし、アニメで初見の方々にとってはかなりの不意打ちだったのではないでしょうか。
しかも担当声優さんの演技もバッチリハマっていて素晴らしい!完全に原作勢の想像通りです。期待に応えてきました。

そして新キャラのジュジュ様ね。最初は生意気幼女感たっぷりでしたが、コスプレに対する熱い想いと相手を思いやる素直で優しい心を持っていることが描かれて、皆さんもう好きになっちゃったんじゃないでしょうか。この子を中心として展開されていく今後のストーリーにワクワクさせられる、そんな回でございました。

今回この辺で。また来週お会いしましょうではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました